おおじま矯正歯科クリニック

おおじま矯正歯科クリニック

ご予約・お問い合わせ03-5875-1187

おおじま矯正歯科クリニック

MENU

お子様の矯正

Orthodontic

ORTHODONTICお子様の矯正

お子様の矯正(小児矯正)

お子様の矯正(小児矯正)

お子様の矯正(小児矯正)は、乳歯列期に予防的な処置をおこなう「早期治療(乳歯列期の治療)」、あごの骨のバランスや大きさを整える「Ⅰ期治療(混合歯列期の治療)」、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「Ⅱ期治療(永久歯列期の治療)」からなります。

◎早期治療(乳歯列期の治療)

そのまま放置しておくと今後起こる成長や歯のはえ代わりに悪い影響を与えると判断される問題点に対して、早期に改善を図る治療を行います。

◎第Ⅰ期治療(混合歯列期の治療)

乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に成長を利用した治療を行ないます。(6~10歳)かみ合わせや顎の大きさや形、位置を整え、永久歯がきちんと生え揃うように誘導していきます。

◎第Ⅱ期治療(永久歯列期の治療)

すべての歯が永久歯にはえかわってから、すべての歯がしっかりとかみ合うように個々の歯の位置を整えていきます。最終的な美しく健康な咬み合わせを作っていきます。

矯正装置の種類

マルチブラケット
マルチブラケット

矯正歯科治療に一番良く使用されているマルチブラケットといわれる装置です。歯の表面に装置を接着しワイヤーを使用して歯の移動を行っていきます。最も一般的な装置でほぼすべての不正咬合の治療に対応が可能です。費用が抑えられ期間も一番短いのですが見た目に関しては不利になります。
当院ではメタルブラケット、プラスチックブラケット、チタンブラケット、セラミックブラケット、セルフライゲーションブラケットなど様々な種類の装置をとりそろえております。また通常のワイヤーよりも目立ちにくいホワイトワイヤーなどの使用も可能です。

リンガルブラケット
リンガルブラケット

歯の裏側に専用のブラケットを装着して行っていく治療です。目立ちにくいため、成人の矯正が増えるにつれて需要が高まっています。表に装着するブラケットよりも価格は高額になるのと、治療期間も長くかかります。装置の調整にも時間がかかります。一部の不正咬合に関しては適応が難しいものもあります。

床矯正
可撤式矯正装置

床(しょう)装置と呼ばれるプレート状の装置を使い、装置についたネジを段階的に広げていくことで歯列を動かしていく方法です。特に成長段階の子供の矯正に用いられることが多いです。装置は取り外しが可能なので、固定式の装置と比べて食事や歯磨きがしやすいのが特徴です。適切な使用方法が守れなかったり、使用時間が短いと十分な効果が得られないことがあります。

インビザライン
マウスピース型矯正装置

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。
ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。
マウスピースを1日20時間を目安に使用し、一定期間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。
表にブラケットを装着する治療よりも高額になることが多いのですが、一部後戻りの再治療などの簡単な治療は費用も期間も抑えられることがあります。一部の不正咬合に関しては適応が難しいものもあります。