江東区の矯正歯科専門医院
おおじま矯正歯科クリニック

江東区の矯正歯科専門医院
おおじま矯正歯科クリニック

ご予約(初診の方)

ご予約(再診の方)

ご予約・お問い合わせ03-5875-1187

江東区の矯正歯科専門医院おおじま矯正歯科クリニック

MENU

矯正治療について

Orthodontic

お子様の矯正

お子様の矯正(小児矯正)は、乳歯列期に予防的な処置をおこなう「早期治療(乳歯列期の治療)」、あごの骨のバランスや大きさを整える「Ⅰ期治療(混合歯列期の治療)」、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「Ⅱ期治療(永久歯列期の治療)」からなります。

大人の矯正

永久歯がすべて生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「Ⅱ期治療」ともいわれます。歯や歯周組織が正常な状態であれば矯正治療に年齢制限はありません。表側の矯正装置だけでなく、舌側矯正やマウスピース型矯正装置もご用意しておりますので患者様のご要望に合わせてさまざまな治療法をご選択いただくことが可能です。

よくある症状

矯正治療とは、乱杭歯(叢生)、八重歯、すきっ歯、出っ歯、受け口のような悪い歯並びやかみ合わせをきれいに揃えて、上と下の歯のかみ合わせを良くし、これによって口もとの形を整えると同時に、食べ物をよく噛めるようにすることを目的としています。これに加えて、発音を明瞭にさせるとともに、虫歯や歯槽膿漏になることを防ぎ、健康を一段と増進させようとするものです。さらに、成長期のお子様には、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスク・副作用に関しまして

厚生労働省による医療広告ガイドラインにおいて、ウェブサイトにおいては自由診療に係る治療等に係る主なリスク・副作用等に関する事項について 情報を提供することが義務付けられていることから、当院におきましては下記の項目をあらかじめ情報提供させていただきます。

  • 矯正治療開始時における矯正装置の装着に伴い不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があるため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さまのご協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
    むし歯の治療が伴う場合は矯正治療の進行が遅れることがございます。
  • 歯を動かすことにより歯根吸収(歯の根が短くなること)があります。また、歯肉退縮(歯ぐきがやせて下がること)があります。
  • ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 治療中に装置が外れることにより治療進行が遅れる要因となることがあります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 矯正治療が終わり保定期間に移行した際に、保定装置を指示通りに一定期間、使用しないと後戻りが生じる可能性があります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  • あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが萌出することで、凸凹が生じる原因となることがあります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。